UQモバイルとUモバイルの違い

UQモバイルとUモバイルの違い

昨今のMVNOブーム。似たようなブランド名のサービスが増えすぎて、よく分からない状況になっていますよね。

 

中でも特に紛らわしいのがUQモバイルとUモバイル。

 

私の知り合いに、UQモバイルの「Q」は「Quality」ので、UQはUモバイルの高品質なバージョンと勘違いしている人もいたくらいです。(自動車におけるトヨタブランドとレクサスブランドみたいなイメージ)

 

まぁ、MVNO事情に詳しくない人からしたら、同じ会社が提供しているサービスにしか見えないと思うので、勘違いするのも無理はないんですけどね。

 

実際はどうなの?

まずはっきり言っておきたいのが、UQモバイルとUQモバイルは全くもって別の会社が運営しているサービスだということ。

 

UQモバイルを運営しているのはKDDI系列のUQコミュニケーションズという会社ですが、U-NEXTを運営しているのは映像配信サービスで有名なU-NEXT(ユーネクスト)という会社です。

 

会社規模的には、KDDI傘下で売上高が2000億近くあるUQコミュニケーションズの方が上ですが、U-NEXTも東証一部上場企業(UQは未上場)なので、どちらをとってもサービスは安心して利用することができます。

 

サービスの違い

UQモバイルとUモバイルの最大の違いとも言えるのが、扱っている回線が異なる点です。

 

UQモバイルは、基本的にau回線を掴める一部SIMフリー端末とau純正のスマホでしか利用することができません。当然ドコモ端末も使えないです。

 

反対にUモバイルは、SIMフリー端末とドコモ端末ではサービスを利用できるけど、au端末ではバンドが合わないので使うことができません。

 

つまり、UQモバイルはau回線専門、Uモバイルはドコモ回線専門のMVNOと言うことです。

 

ただMVNOの中には、au回線とドコモ回線の両方を扱ってるところもあるので、この二社もいずれライバル回線を扱うようになる可能性はあるかもしれません。

 

どちらがおすすめなの?

上でも書いたように、UQモバイルとUモバイルはそもそも扱っている回線が異なるので、一概にどちらが良いかを決めることは出来ません。

 

ただ、どちらの回線でも普通に使えることを前提として考えるなら、おすすめはUモバイルですかね。

 

理由は単純で、UQモバイルよりもUモバイルの方がプランが充実している上に料金も安いから。

 

Uモバイルの場合、通話重視のプランとデータ容量重視のプランが綺麗に分かれているので、契約する側としても自分に合ったプランを選びやすい特徴があるのですが、UQモバイルにはそういう特化型プランというものがありません。

 

バランス型というのでしょうか。通話もデータ容量もバランス良く使えるのがUQモバイルです。

 

ケース別のおすすめ

@通話はほとんどしないからその分データ容量多くして欲しい。
→UモバイルのMAXプラン

 

Aネットはほとんど使わないけど通話は結構使う。
→UモバイルのSUPERプラン

 

Bネットも通話もバランス良く使う。
→UQモバイルのプランM

 

C通話は月30分未満で、LINEや地図、乗り換え案内のアプリをたまに使うくらい。
→Uモバイルのダブルフィックスプラン

 

回線品質重視ならUQモバイル

回線品質(通信速度)が良いのは間違いなくUQモバイルです。

 

まぁこれも環境による違いはあるかもですが、体感的にはドコモ回線のUモバイルよりもau回線のUQモバイルの方が速度は安定しています。

 

Uモバイルは、深夜帯は速度が出るけど、通勤通学ラッシュになると回線が混雑して一気に速度が落ちる傾向にあるのに対し、UQモバイルは四六時中比較的安定している感じです。

 

さすがに通勤時間帯は普段より速度は落ちますけど、ドコモ系MVNOほどの下げ幅はありません。

 

>>UQモバイルの評判と失敗しないための注意点を解説!