UQモバイルでSIMフリー以外のスマホを使うときの注意点

UQモバイルでSIMフリー以外のスマホを使うときの注意点

UQモバイルは、KDDIグループ会社であるUQコミュニケーションズが提供する格安のモバイル通信サービスです。

 

MVNOなので、SIMフリー端末は当然利用できるのですが、問題はSIMロック付きのスマホ、つまりキャリアスマホをUQモバイルで利用する場合です。

 

※キャリアスマホ=ドコモ、au、ソフトバンクから販売された端末

 

キャリアスマホのままではMVNOで使えない

SIMロックがかかった状態のスマホをそのままMVNOで運用することはできません。

 

極稀にSIMロックがかかっていてもMVNOで利用できる場合がありますが、確証はないので、解除なしでのMVNO利用はおすすめしません。最初は通信できても、急にデータ通信不可になる可能性もありますからね。

 

キャリアスマホをMVNOで引き継いで利用する予定の方は、必ずSIMロックの解除をしてから乗り換えるようにしましょう。

 

SIMロックの解除方法

キャリアによっても異なりますが、SIMロックの解除方法は主に3つあります。

 

一つ目は、手数料3千円程度支払い、近くのauショップ(ドコモの方はドコモ)のスタッフに解除してもらう方法。

 

二つ目がキャリアのマイページなどからネット上でSIMロックを解除する方法です。ちなみにこちらは自分でやる手間(というほど手間でもないが)がある分、手数料はかかりません。

 

三つ目は電話での解除方法ですが、こちらもショップと同じで手数料が発生するケースが多いです。

 

ショップでの解除

ネット上で何かを行うことを苦手としている方は、手数料を支払ってでも直接ショップに出向き、経験豊富なスタッフに解除してもらいましょう。

 

相手も商売なので、恐らくMVNOに乗り換えるのを阻止してくるかと思いますが、気にせず目的はSIMロックの解除だという旨を伝えてください。

 

「話くらいは聞いてあげよう・・・」なんて思ってると、相手のペースに飲まれるだけです。

 

手続きに必要な物

そのキャリアで回線を契約している方は、利用している「携帯電話番号」、「契約者名」、「生年月日」などの情報で本人確認されます。

 

回線を契約していない方は本人確認書類(免許証や保険証など)ga

 

事務手数料

ドコモ:3,000円
au:3,000円
ソフトバンク:3,000円

 

ネット上での解除

各キャリアのマイページから解除を行います。

 

ネットで解除すると手数料が発生しないというメリットがある反面、そのキャリアで購入した端末(白ロムはダメ)しかSIMロックを解除できないといったデメリットがあります。

 

手続きページ

ドコモ→My docomo
au→auお客さまサポート
ソフトバンク→My SoftBank

 

電話での解除

電話での解除はドコモのみとなっており、ドコモの携帯電話からは「151」からお申し込みができます。

 

ドコモを契約していない方は、ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)から申し込みましょう。

 

中古端末でUQモバイルを利用する場合

中古端末を購入して使用する場合は十分な注意が必要です。

 

前の所有者の代金不払いによりキャリアから強制的に利用停止にされた端末あるいは盗品の場合は、利用停止となることがあります。

 

また、購入した時点では問題なくても、端末代金の割賦支払が途中で止ると端末が利用停止となることがあります。

 

このようにキャリアスマホでMVNOを利用する場合にはいくつか注意すべき点がありますが、これらのことを十分に注意すればUQモバイルへの移行はそれほど難しくありません。

 

なるべく早くUQモバイルに移行して料金を節約しましょう!

 

>>UQモバイルの評判はこちらから