UQモバイルの評判を徹底調査!なぜ利用者が増えてるのか?

UQモバイルの評判を徹底調査!なぜ利用者が増えてるのか?

2017年に入ってからUQモバイルの3姉妹シリーズのCMがほぼ毎日流れてますね。

 

 

他の女優はあまり知らないのですが、私は深キョン(深田恭子)が好きなので、CMの音楽が聞こえる度に無意識に見てしまいます(笑)

 

今回は、そんなUQモバイルの評判を徹底調査しました。

 

批判的口コミ

まずはUQモバイルを否定する方々の口コミを見ていきましょう。

 


サポートセンターの対応がひどいし、そもそも殆ど繋がらない。

 

一年少々利用。終盤に、突然通信が出来なくなったのですが、サポートセンターに連絡が繋がりません。「電話が大変混みあっており・・」の状態で10分、20分待てど繋がらない。
サポートセンターが終了する10分前に連絡がつくも「この時間からは手続きができないので、再度電話するように」とのこと。
平日の昼間、夜、休日いずれもつながらない。メール窓口で問い合わせても「電話で承っております」の一点張り。

 

どうにもならないので解約しようと思ったが「解約も電話のみ」の回答で、その肝心の電話に繋がらない。

 

2017年3月2日

 

auでも使える機種なのに使えない。
安くても事前に対応機種を明確にしてほしい。
無駄なお金を支払いました。

 

2016年10月8日

 

通信速度に定評があるそうなので無制限で契約。良い時で0.5mbps程度、18時から23時は0.01mbps程度まで落ちる。全然ダメ。

 

2016年11月7日

 

auのiphone6にてテザリングも併用して使用したかったのですが、ネットで申し込みに進もうとしたところ、音声通話での申し込みでしかテザリングは利用できないとの事。対応機種確認もしていたのに、UQモバイルのHPでそんな表記は見つからなかったのに。。。結局、通話SIMを契約するつもりもないので返品となりました。UQモバイルはかなり分かり難く不親切感が否めませんでした。。。

 

2017年2月9日

 

auSIMの低速の無制限プランに入りましたが、遅くて!
ドコモSIMの「U-NEXTの無制限」の相当の価格・プランを希望します。

 

2016年11月3日

 

無制限プランにひかれて加入しましたが、
その直後にスマホに不調が発覚。

 

マイネオ等は利用者が買いたい時に自由に機種変更できますが、
UQモバイルは何故か解約金と事務手数料をたんまり払って一度解約しなければ端末新規購入は出来ないようにしています。
新規契約しなければ端末が買えないので、
現実的にはスマホをどこからか自分で調達します。

 

ゼンフォンSHOPで国内正規版ゼンフォン3を私は注文しましたが、ネットオンチのかたが使うには不便と感じるでしょう。

 

2017年1月6日

 

無制限プランで使用

 

売り文句通りのスピードしかでません
使い物になりません
10年前のネット速度より遅い

 

2016年7月4日

 

出典:Amazon

 

 

ボロクソに言われてますね。。。

 

でもこんなもんですよ。UQモバイル以外のMVNOだって、批判的意見では同じようなこと書かれています。

 

批判的な口コミまとめ

  • サポートセンターの対応が酷い
  • au機種なのに使えなかった
  • 単純にサービスが分かり難い
  • 無制限プランの速度が遅すぎ
  • 端末本体だけの購入ができない

 

では一件ずつ私なりの見解を。

 

サポートセンターの対応が酷い

口コミを全て事実として言うなら、サポートの評価は良くない方だと思います。

 

ただ、これって結構判断が難しいんですよね。

 

と言うのも、基本的にこの手の口コミは、自分の要求が通るかどうかで評価が分かれます。

 

こちらの要求が通り、自分が求めてた対応をしてもらえたら良い評価を付けるだろうし、反対に要求を拒否されたら当然のごとく相手を悪く評価します。

 

たまにありますからね。「いや、それただのクレーマーじゃん!」って感じの口コミとか。無愛想だったからと悪く評価する人だっています。

 

今回の例だと、UQモバイル側に原因があるので、投稿者さんが怒るのも無理ないですけどね。

 

ちなみにですが、私も最近SIMカードの交換でサポートセンターに電話をしました。

 

詳細はUQモバイルのSIMを交換の記事を読んでいただければと思いますが、私個人の感想としては、言われてるほどUQモバイルのサポートも悪くなかったですよ。

 

普通にテキパキと仕事をしてくれました。

 

au機種なのに使えなかった

これがMVNOの難しいところです。

 

「UQモバイルはau系のMVNOだから、当然auで購入した端末なら何もしなくても普通に使えるだろう。」

 

そう思い込み、いざ乗り換えてみたらなぜか使えない!

 

実はこの罠にかかる人って結構います。私の友人も、同じミスして凄く萎えてましたから。

 

特にSIMロックのトラブルは非常に多いですね。

 

フリマアプリや通販サイトでauの白ロム端末(スマホ本体)を購入し、SIMを挿してみたけどSIMロックがかかってて使えなかったというパターンです。

 

※SIMロックとは

 

端末をそのキャリア以外で利用させないためのロック。
このロックが一切ない端末(どこのキャリアでも使える)のことをSIMフリーと言う。

 

この場合、SIMロックを解除しなくてはいけないのですが、auでは機種購入後181日以降でないとSIMロックの解除を受け付けてくれません。

 

「じゃあ購入したスマホはどうなるの?」

 

本家のauで契約すれば普通に使えますが、それ以外ではWi-Fiでしか使えない非常に残念な物となってしまいます。

 

そうならないためにも、MVNOに端末を持ち込むなら、必ず事前に以下の2点が大丈夫かどうかを確認しましょう。

 

@その端末が利用するMVNOの動作確認端末の中に含まれているか。
A白ロム購入ならSIMロックはちゃんと解除されているかどうか。

 

この2点さえクリアしていれば、乗り換えて使えないなんてことまず起こりません

 

 

単純にサービスが分かり難い

UQモバイルも少し前までは非常にシンプルで分かりやすかったんですけどね。

 

ぴったりプランとかを追加し始めたあたりから、私自身もプランやサービスが分かり難くなった気がします。

 

でもこれはUQモバイルだけに言えることではなく、他社のMVNOでも同じです。

 

やっぱり顧客の取り合いが激しい業界なので、定期的に新しい何かを追加していかないと、中々利用者も増えていかないのが現状なのかと思います。

 

大手キャリアよりも料金が安いんだから、この点は妥協するしかありませんね。

 

 

無制限プランの速度が遅すぎ

口コミには良い時で0.5Mbpsしかでないとありますが、元々UQモバイルの無制限プランは下り最大500Kbpsで提供しているサービスです。

 

実測で0.5Mbps出てるならむしろ良い方なんですよね。

 

夜になると0.01Mbpsまで落ちるとのことなので、低評価の原因は恐らくこれでしょうけど。

 

そもそも、500Kbpsのサービスに速度を求めること自体が間違いで、下り1Mbps以下のサービスでも満足に使えるのは、MVNOが流行るずっと前から日本通信のSIMを使ってた人たちです。

 

当時のMVNOは下り300Kbpsとか普通でしたからね。

 

ある程度の忍耐力(遅くても我慢できる)がないと、低速無制限のSIMを使いこなすことはできません。

 

 

端末本体だけの購入ができない

確かにこれは困りますね。

 

向こうも商売なので、回線契約を前提としない端末単体のみの販売をしないのはまだ分かります。

 

しかし、機種変更も満足に出来ないのはさすがに困りものです。

 

仮にUQモバイルの指定機種をセットで契約したとして、普通に使っているうちに端末が破損してしまった場合はどうすればいいのか?

 

現状の解決策としては、

 

@新しい白ロムを購入する
A一度プランを解約して再度セット契約をし直す
B保証オプションで端末を修理または交換してもらう

 

これぐらいしか方法がありません。

 

@とBはまだいいとしても、Aはさすがにちょっと厳しすぎるような気がします。

 

百歩譲って、再契約に伴う事務手数料を払うだけならまだいいけど、口コミにあるように既存プランの解約で契約解除料が発生するのはいかがなものかと・・・。

 

まぁ、そういうときのために、Bのような保証サービスをやってるわけなので、スマホを壊す自信のある人は、最初から有料の修理オプションに加入しとけってことでしょうね。

 

肯定的口コミ

続いて肯定的な意見。

 


以前のような爆速とは行かないようですが、普通にWEBを見たり、LINEするには何の問題も無いです。自宅は東京郊外、職場は品川ですが、使い勝手はau使っていたときとまったく変わらないので、乗り換えて正解でした。

 

2016年5月2日

 

これは本当にMVNOなのでしょうか…?
速い所だと100Mbpsオーバーを叩き出すこともあります。とてもMVNOの速度とは思えません。

 

心配していたエリアに関しても、行動範囲(愛媛県四国中央市の平野部)では特に不満は感じませんでした。

 

2015年12月1日

 

auで2年契約が完了したXperiaZ2Tabletで使っています。
スピードテストしましたがauの倍くらい速いです。
同じau回線でこんなにも差がつくのかと驚きました。
(MVMO=遅いから安い)は間違いでした(iijが遅くてイライラした経験から)。
悩んでるに是非勧めたいMVMOsimです。

 

2017年3月11日

 


【良い点】
■他社MVNOに比べて通信速度が速い
■データ繰越対応
■アプリによる高速/低速スイッチ ON/OFF の任意切り替え
■データ無制限プランに関しては500Kbpsと表示は控えめだが、安定して700Kbps〜1Mbpsが出る
■標準SMS機能付き

 

【悪い点】
■音声通話プランの縛りが1年と長い
■高速データが翌月繰越の1ヶ月のみ

 

【改善点】
■高速データの複数月繰越対応

 

MVNOを乗り換え続けてきて約3年、ようやく安住できそうなシムになるのではないかと期待しております。もう、SIMを変更するのは面倒ですので、UQmobile様には是非とも品質の維持及び更なる向上をお願いいたしたく思います。

 

2016年7月22日

 

SMSもついているので、LINEの認証もできます。
税抜980円で3GBのプランですけど、他社と比べても最安クラスです。

 

スピードも1度しか計測していませんが、平日昼間に下りで
32Mbpsほど出ていました。

 

2016年5月25日

 

遅いというレビューがあり、購入後速度測定しましたが、
10時で22Mbps、17時で26Mbps、23時で5Mbpsと
やはりUQmobile、速かったです。

 

2016年5月17日

 

16年4月にauから乗り換えました。
Xperia z1 と Z ultraで使っています。
下り26Mbps、上り2Mbps出ています。
体感的にもまったく問題ありません。

 

2016年5月26日

 

MediaPad M2 8.0 で使用

 

Webから申し込み2日後に到着しました。当方はネットサーフィンくらいにしか使用しないので特に速さはこだわっていないので計測はしていませんが特にストレスなく使用できています。

 

2016年9月12日

 

肯定的な口コミまとめ

  • 通信速度が速い
  • データ容量の繰り越しが嬉しい
  • 無制限プランでも1Mbps近く出る
  • 標準でSMS機能が付帯している
  • 高速通信のオン/オフが助かる

 

通信速度が速い

ある程度予想はしてましたが、さすがUQモバイル、回線品質の評価は高いですね。

 

平均して2〜30Mbpsほど出ていて、速い人だと100Mbps以上出ています。

 

一般的に人がストレスなくスマホを楽しむのに必要な通信速度の目安は大体4Mbpsと言われているので、安定して2〜30Mbpsが出てるUQモバイルならスマホ弄りでストレスを感じることはないでしょう。

 

4Mbps以上出てればゲームも出来るしYouTubeだって普通に見れますからね。

 

 

データ容量の繰り越しが嬉しい

前の月に使わなかった(余った)データ容量は翌月に繰り越されます。

 

最近はデータ容量の繰り越しができるMVNOも増えたので、あまり大きなメリットにはならないですが、何でもあるに越したことはないですからね。

 

繰り越せないよりは繰り越せた方が絶対に良いです。

 

ちなみに繰り越しの上限は、翌月のデータ容量(3GBプランなら3GB)と同じ容量までと決まっています。

 

無制限プランでも1Mbps近く出る

無制限プランの理論値上の下り速度は500Kbpsです。

 

最高速を超えるなんて、普通に考えたらおかしいですよね。

 

しかし、私も過去に下り最大3Mbpsの格安SIMで5Mbps近く出ていたので、低速回線は比較的に最高速を超えやすいのではないかと思います。

 

標準でSMS機能が付帯している

UQモバイルではSMS機能(ショートメッセージサービス)が無料で利用できます。

 

送信料(3円/回)は別途かかりますが、電話番号さえ分かれば、相手がガラケーでもメッセージを送ることが出来るので意外と便利です。

 

今でもガラケーで十分と言う方は多いですからね。

 

そういった人との連絡手段にSMSは最適です。

 

まぁ、スマホを使ってる側としては、出来ればスマホに変えてほしいところなんですが・・・。

 

高速通信のオン/オフが助かる

端末にUQモバイルの専用アプリをインストールすることで、いつでもワンタップで高速通信の切り替えができます。

 

これによりデータ容量の節約ができるわけですが、仮にデータ容量を全て使い切ったとしても、ネットが一切使えなくなることは一切無く、単に速度制限(速度が遅い)がかかるだけなので、それが苦じゃないなら無理にデータ容量を節約する必要はないと思います。

 

 

>>格安スマホならUQ mobile

 

 

実際にオンライン契約してみました!

私は現在au版のXperia Z2にUQモバイルの音声+データ通信のSIMカードを挿して使用しているのですが、ちょうど最近4G対応のタブレットも入手したため、もう一枚別でデータ通信のみの格安SIMを申し込む事にしました。

 

ちなみに今回使用するタブレットは、auから出ているサムスン製の人気タブレットGALAXY Tab S 10.5インチです。

 

sct21

 

動作確認端末であるか必ずチェック!

格安SIMを申し込んだはいいけど、SIMカードのサイズが合わなくてスマホに入らない!
なんて話は、なさそうで意外とある話です。

 

店頭申し込みなら店員がちゃんとチェックしてくれるので、利用端末にサイズが合わないなんて事はないと思いますが、オンライン申し込みの場合はその辺をきちんと把握していないと後々面倒な事になるので注意が必要です。

 

GALAXY Tab Sの型番は「SCT21」です。
メールサービスには「×」と表示されていますが、データ通信ができれば問題ないので今回は良しとします。

 

また、動作確認ページには対応するSIMの種類も記載されていますので、SIMサイズも予めここでメモっておくと良いでしょう。(今回の場合は「Micro」と書いてあるのでMicro SIMで申し込めばOKです。)

 

sct21

 

そして時期にもよりますが、今回は申し込み二日後にUQモバイルのSIMが届きました。

 

uqmobile

 

中身はこんな感じ。

 

uqmobile

 

uqmobile

 

一応特典的な物もついていますが、メインはやっぱりこれでしょう!

 

UQモバイルSIMカード本体!!!

 

uqmobile

 

このカードについているMicro SIMカードをプチッと外して端末本体にセットするわけですが、念のためここでSIMカードのサイズが合ってるか確認しておきましょう。

 

まず合ってると思いますが、もし違うサイズのSIMが届いた場合はすぐにUQモバイルに連絡し、新しいSIMカードを送ってもらいましょう。

 

正しいSIMカードだと確認したら、それを端末本体(SCT21)にセットします。

 

sct21

 

SCT21のSIMスロットは横の蓋を外すだけで出てきますが、端末によってはiPhoneのようにピンを穴に刺して取り出すタイプのものもあります。

 

sct21

 

SCT21ではこんな感じに数字が書いてある側を上にして挿入します。
向きが合ってないと上手く入らないので、挿す前に良く確認してからセットしましょう。

 

APN設定をする

意外と知らない人が多いのですが、UQモバイルに限らず格安SIMというのはカードを挿しただけではインターネットに接続することが出来ません。

 

そこで必要となってくるのがAPNの設定です。

 

設定と聞くと何となく難しい印象があると思いますが、ちゃんと設定手順の説明書がUQモバイルより送られてくるので、文字さえ読めればこれに躓く事はないでしょう。

 

APNの設定を完了したら、WiFiをオフにして適当に何か検索でもしてみてください。インターネットが繋がれば、APNの設定は正しく行われたことになります。

 

>>UQモバイルのAPN設定方法はこちら

 

MNPの場合

MNPの場合は回線の切り替え手続きが必要になります。

 

回線の切り替え手続きは、UQモバイルのマイページ(my UQ mobile)から1クリックで簡単に行えます。

 

また、切り替え期間中は今使用しているスマホが使えない(Wi-Fi接続なら使える)ので、少しでもスマホが使えないと困る方は、切り替えの手続きを外ではなく家にいるときに行うことをおすすめします。

 

ちなみに切り替えの所要時間は、時間帯にもよりますが大体数分程度で完了します。

 

 

使い心地

開通後に色々と試してみましたが、検索や地図アプリなど全て今まで通り使えています。

 

通信が必要なプロスピ(野球のゲームアプリ)も問題なくプレイできてるので、格安SIMでも使い心地は大手キャリアとほとんど遜色もありません。

 

UQモバイルって下りの最大通信速度は225Mbpsとそんなに速くない(むしろ遅いくらい)んですけどね。なぜか下り600Mbpsに対応してるドコモ系MVNOよりも実測値が高いことが多いです。

 

まぁ、ドコモ系のMVNOとは戦う土俵が違うので比べるのもどうかと思いますが、少なくともau系MVNOの中ではUQモバイルが頭一つ抜きん出ているように感じますね。

 

なぜUQモバイルが人気なのか?

MVNOが腐るほどある中、なぜUQモバイルが多くのユーザーに選ばれているのか。

 

それは以下に挙げる4つの理由があるからです。

 

通信速度が安定しているから

UQモバイルの理論値上の下り最大速度は225Mbpsです。

 

同じau系MVNOであるIIJmioは370Mbpsを最高速としてるので、UQモバイルの225Mbpsというのは、競合他社と比べてると大きく見劣りしてしまうことが分かります。

 

なぜかどこの会社も速度で勝負したがりますが、本当に重要なのは理論値上の最高速なんかではありません。

 

最高速よりも回線の安定性の方が重要です。

 

私が以前契約していた某ドコモ系MVNOがそうだったんですが、速度は出ているのになぜかネットが途切れまくるんですよ。

 

速度がブチブチ途切れるから、当然ネットもエラーになるし、ゲームなんかやってると「読み込み中」のまま固まります。

 

いくら格安SIMで料金が安くなってもこれでは嫌ですよね。

 

その点、UQモバイルの回線は他と比べて安定しているので、たまに速度低下があったとしても、ネットに繋がらなかったり途切れたりするようなトラブルはほとんど聞きません。

 

 

au回線専門でやってるから

MVNOは大きく分けて、ドコモ回線を扱うドコモ系とau回線を扱うau系に分かれます。

 

MVNOが流行りだした頃は、ドコモ系ならドコモ系一本、au系ならau系一本と言った感じで、一つの回線だけを専門で扱うところが多かったのですが、最近はMVNOの普及に伴い、両方の回線を扱うところも増えてきました。

 

有名なところだと、mineo(マイネオ)やIIJmioなんかがそうですね。

 

一方でUQモバイルは、現時点(2017年4月)でau回線のSIMカードしか提供していません。

 

やっぱりあれもこれもと色々なもの手を出してるところよりかは、一本に絞って専門的にサービスを提供してる会社の方が個人的に印象は良く感じますね。

 

KDDIグループの会社である

UQモバイルを選ぶ大きな理由の一つなのが、UQモバイルを提供するUQコミュニケーションズがKDDIグループの会社だと言うこと。

 

グループ会社だから特別回線が速いとかはないと思いますが、KDDIグループの会社という安心感は大きいです。

 

売上も2,000億(純利益は400億以上)近くありますからね。下手な会社が提供するMVNOよりもずっと信用できます。

 

また、UQコミュニケーションズの田中孝司会長はKDDIの現社長でもあります。

 

回線事業の実績がある

UQコミュニケーションズは、UQモバイルのほかにWiMAX(ワイマックス)と呼ばれるモバイルルーターも提供しています。

 

WiMAXは回線品質の評判が高いサービスだったので、そのときに培った回線事業のノウハウは十分にMVNOでも活かせるはずです。

 

というか、実際にUQモバイルの安定性は全MVNOの中でもトップクラスを誇ります。

 

最近は様々な業種の企業がMVNOに参入していますが、私は他の業種より回線屋さんが提供する格安SIMが一番安心して利用できますね。

 

>>格安スマホならUQ mobile

 

 

乗り換えの注意点

UQモバイルを検討している方は要確認!

 

乗り換え前の注意点をいくつかまとめました。

 

使える端末が限られる

先ほども少し話しましたが、UQモバイルが使用している回線はドコモやソフトバンクと異なる独自のものです。

 

auが販売したスマホなら利用できる場合がほとんどですが、SIMフリーだとauのバンドに対応したモデルを選ぶ必要があります。

 

「面倒!!!」と思った方もいるかもしれません。

 

でもご安心を。最近のMVNOは有り難いことに公式サイト内でそのサービスでの動作が確認できた端末を一覧でまとめてくれています。

 

動作確認端末の一覧ページを見れば、UQモバイルが自分のスマホ(または購入予定の端末)に対応しているかがすぐに分かるので、申し込みの前には必ずページをチェックするようにしましょう。

 

SIMロック解除が必要な場合がある

auスマホだからといって、必ずしもそのままUQモバイルで利用できるわけではないです。

 

キャリア端末の多くは、SIMロックと呼ばれるそのキャリアが自社で販売したスマホは自社でしか使えないようにするいやらしいロックがかかっています。

 

SIMロックがかかっている端末は、基本的にそのキャリア以外のMVNOや他キャリアで使用することができません。

 

解除するには?

SIMロックを解除の申し込みはauショップ(手数料3,000円)またはauお客さまサポートサイト(手数料無料)から行えます。

 

解除に関する疑問や詳細はau公式ページをご確認ください。

 

au公式 SIMロック解除のお手続き

 

また、その端末がSIMロック解除可能機種かどうかは以下のページで確認できます。

 

SIMロック解除が可能かどうかを確認する

 

異なるサイズのSIMカードを選ぶと後々大変

スマホに限らず携帯電話というのは、SIMカードと呼ばれる契約者情報が記録されたICカードを端末に挿すことで通信が可能になります。

 

そしてこのSIMカードが厄介なのが、スマホによってSIMカードのサイズが異なるということ。

 

異なると言っても何十種類の中から選ぶのではありません。

 

基本的にはmicroSIMとnanoSIMの2種類しかないので、ちゃんと事前に自分のスマホに合ったSIMのサイズを把握しておけば間違えることはないでしょう。

 

自分のスマホのSIMサイズを確認する方法

一番確実なのは、UQモバイルの公式サイト内にある「動作確認端末一覧」を確認することです。

 

SIM種別の欄に何て書いてあるか。そこをまずチェックしてください。

 

 

ZenFone3の場合は、マルチSIM(micro)と書いてあるので、SIMカードはVoLTE用マルチSIMを選べばOKです。

 

 

MNPによる手続きは受付時間に制限がある

MNPの受付時間は9時30分〜20時30分までとなっています。

 

MNPとは電話番号を引き継いで他社のキャリアに乗り換えること言います。

 

新規での契約ならいつでも申し込みできますが、MNPでUQモバイルに乗り換える際は受付時間に限りがあるので注意が必要です。

 

 

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランは以下のとおりです。

 

データ高速プラン(音声通話なし)
月額料金:980円/月
データ容量:3GB
通信速度:下り最大225Mbps
無料通話:なし
おすすめ度:★★★★☆

 

データ高速プラン(音声通話あり)
月額料金:1,680円/月
データ容量:3GB
通信速度:下り最大225Mbps
無料通話:なし
おすすめ度:★★★★☆

 

データ無制限プラン(音声通話なし)
月額料金:1,980円/月
データ容量:無制限
通信速度:下り最大500Kbps
無料通話:なし
おすすめ度:★☆☆☆☆

 

データ無制限プラン(音声通話あり)
月額料金:2,680円/月
データ容量:無制限
通信速度:下り最大500Kbps
無料通話:なし
おすすめ度:★☆☆☆☆

 

ぴったりプランS
月額料金:1,980円/月
データ容量:2GB
通信速度:下り最大225Mbps
無料通話:60分
おすすめ度:★★★☆☆

 

ぴったりプランM
月額料金:2,980円/月
データ容量:6GB
通信速度:下り最大225Mbps
無料通話:120分
おすすめ度:★★★★★

 

ぴったりプランL
月額料金:4,980円/月
データ容量:14GB
通信速度:下り最大225Mbps
無料通話:180分
おすすめ度:★★★☆☆

 

おしゃべりプランS
月額料金:1,980円/月
データ容量:2GB
通信速度:下り最大225Mbps
無料通話:5分以内の通話は何度でも無料
おすすめ度:★★★☆☆

 

おしゃべりプランM
月額料金:2,980円/月
データ容量:6GB
通信速度:下り最大225Mbps
無料通話:5分以内の通話は何度でも無料
おすすめ度:★★★★★

 

おしゃべりプランL
月額料金:4,980円/月
データ容量:14GB
通信速度:下り最大225Mbps
無料通話:5分以内の通話は何度でも無料
おすすめ度:★★★☆☆

 

 

ぱっと見色々ありすぎてどれを選べばいいのか分からないと思います。

 

でもご安心を。

 

以下で説明する選び方なら、絶対に失敗することはありませんので!

 

自分に合ったプランの選び方

電話の利用頻度がどれくらいかで、その人に合ったプランが変わってきます。

 

例えばですが、電話を全くしないか、しても月に2〜30分くらいで収まると言う方は、月額1,680円のデータ容量3GBプランがオススメで、反対に月に電話を60分以上すると言う場合はプランS、M、Lがオススメとなります。

 

プランSMLの違いは単純にデータ容量と無料通話時間です。

 

あとは自分がどれくらい電話をするのかで、契約するプランを判断すると良いでしょう。

 

ちなみに、この中で最も大手キャリアに近い内容のプランは、6GBのデータ容量に無料通話時間に120分(またはおしゃべりプラン)を選べるプランMだと思います。

 

脱キャリアしちゃいましょ!

 

キャリア時代私はドコモに契約していましたが、スマホ3台の契約で毎月の支払いは平均月24,000円も支払ってきました。

 

月2万4千円ですからね。年間30万近いお金をドコモ様に支払ってきたことになります。

 

確かにスマホはガラケーよりもずっと便利です。しかしだからといって、一台平均月8,000円は高すぎました。

 

3台全てUQモバイルに乗り換えてからは、3台合わせても月6千円ちょっとで済むようになったので尚の事そう感じます。

 

24,000円が6,000円ですからね。MVNOに乗り換えるだけで月18,000円も節約できるんだから、スマホ料金に頭を悩ましてる人は、絶対にMVNOへの乗り換えを前向きに考えた方が良いですよ。

 

>>格安スマホならUQ mobile